ttl_win_04 ttl_awarding

表彰部門
表彰対象作品は、2009年1月1日~12月31日までに

・新作としてTV放送された作品 ・リリースされたDVDまたはビデオ作品
・初めて上映された作品もしくはネット配信された作品 ・ゲームとして発表された作品

の4種類が対象。以下の部門で表彰されました。

選考について
各部門については各投票サイト・施設にて行われた一般投票での得票を各媒体ごとに集計し、その結果を元に最終選考へのノミネート者を決定いたしました。その後選考委員会による二次選考によって最終的な受賞者を決定しました。

・一般投票 2009年10月1日(木)~2010年1月1日(金)
・二次審査 2010年1月5日(火)~2010年1月14日(木)

功労賞、特別功労賞、シナジー賞、富山敬賞(話題賞)については、実行委員会が長年の功績をもとに推薦した結果を選考委員会で承認する形で決定されました。

海外ファン賞につきましては、声優アワードWebサイト(英語版)での投票結果を元に、選考委員会で承認する形で決定されました。

キッズファミリー賞(新設)は、子ども達の目線でもっとも魅力的な声優を選んでもらおうということで、票の多く集まった方を表彰しました。

・外画とは 音声製作者連盟では、「外国映画」「海外ドラマ」「海外アニメーション」の総称を外画としています。

第1群 一般投票により一次選出を行う部門

主演男優賞

小野 大輔 (おの だいすけ)

マウスプロモーション所属

2007年に声優アワード助演男優賞受賞。2009年も多数の作品でメインキャラクターを務め、やわらかな声質で幅広い柄を演じ分ける。「黒執事」セバスチャン役では、底の知れない役どころを優れたバランス感覚で絶妙に演じ、多くの女性ファンを魅了。立役者としての存在感を示した。

主演女優賞

沢城 みゆき (さわしろ みゆき)

マウスプロモーション所属

2008年に声優アワード助演女優賞受賞。数多くの作品を誠実な芝居で支えてきた彼女が、2009年では「CANAAN」カナン役、「テガミバチ」ラグ・シーイング役と、全く趣の異なる2作品で主演をつとめ、他にも「君に届け」の矢野あやね役などで数多くの作品に出演した。

助演男優賞

浪川 大輔 (なみかわ だいすけ)

アクロスエンターテインメント所属

「07-GHOST」ミカゲ役では主人公の良き友人として印象を残し、「君に届け」風早翔太役の爽やかな演技で多くの女性を魅了。幼い頃から外画の吹替えで活躍し、幅広い演技で数多くの作品を支えている。また、ラジオなどトークも好評で、男女問わず多くの人から親しまれている。

助演女優賞

井上 喜久子 (いのうえ きくこ)

オフィスアネモネ所属

「CLANNAD~AFTER STORY~」古河早苗役では温和な母親を。「マクロスF」グレイスオコナー役では物腰柔らかで穏やかながら作品の黒幕となるなど、幅広い演技力で数々の作品に参加。母親役やお姉さん役では第一人者とうたわれるほど。長年第一線で活躍し、後輩にもよく慕われる存在である。

三木 眞一郎 (みき しんいちろう)

81プロデュース所属

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」ロイ・マスタング役で、新たな“ハガレン”ワールドを築き、「機動戦士ガンダム00」では、ロックオン・ストラトス役とライル・ディランディ役、複雑な二役を演じる。艶やかな声と作品の世界をさらに掘り下げる演技が高い評価を得ている。

堀江 由衣 (ほりえ ゆい)

ヴィムス所属

れまでも多くの作品でメインヒロインを演じ、シンガーとしても声優界をリードし続けてきた彼女。2009年は「とらドラ!」櫛枝実乃梨役、「化物語」羽川翼役など、助演として数多くの作品に参加し、その安定感ある突き抜けた芝居で、新たな堀江由衣の魅力を開花させた。

新人男優賞

阿部 敦 (あべ あつし)

賢プロダクション所属

人気作品のアニメ化「とある魔術の禁書目録」上条当麻役で主役をつとめ、ドタバタありシリアスありの作品世界を、地に足のついた芝居で篤実に演じ、一気に業界内にその名を知らしめた。役者として着実にキャリアを積む一方で、男性声優ユニットG.Addictにも参加。今後の活躍が期待される新人のひとり。

新人女優賞

伊藤 かな恵 (いとう かなえ)

青二プロダクション所属

「宙のまにまに」明野美星や「大正野球娘。」鈴川小梅役の朗らかな演技で、視聴者にたくさんの元気を与えていた。放送3年目を迎えたデビュー作「しゅごキャラ!」シリーズの日奈森あむ役では、作品をしっかりと引っ張る心強い姿がみられ、今後の活動のスタイルも期待される。

前野 智昭 (まえの ともあき)

アーツビジョン所属

新人ながらも多くの作品にメインキャストとして出演し、「WHITE ALBUM」藤井冬弥役では、泥沼な恋愛模様の渦中にいる男性の弱さを熱演した一方、「宙のまにまに」大八木朔役では、コミカルな演技もこなし、その振り幅の広さを示す。若手実力派声優として、確かな演技力とその低音ボイスには定評があり、ファンも急増中。

豊崎 愛生 (とよさき あき)

ミュージックレイン所属

「けいおん!」の平沢唯役を初め「かなめも」中町かな役など、作品の要となる役を好演し、2009年は特に大きく飛躍する。ユニット・スフィアや個人名義で音楽活動も行い、多方面での活躍もめざましい。やわらかな声質と人柄も相まって、彼女自身に惹かれ目が離せないファンも多い。

歌唱賞

放課後ティータイム
(ほうかごてぃーたいむ)

・ 豊崎 愛生 (とよさき あき) 
ミュージックレイン所属
・ 日笠 陽子 (ひかさ ようこ)
アイムエンタープライズ所属
・ 佐藤 聡美 (さとう さとみ)
青二プロダクション所属
・ 寿 美菜子 (ことぶき みなこ)
ミュージックレイン所属
・ 竹達 彩奈 (たけたつ あやな)
アイムエンタープライズ所属

「けいおん!」に登場する桜高軽音部のメンバー5人で結成されたバンド「放課後ティータイム」の楽曲が収録されているCDが発売週のオリコンデイリーチャートで5日間連続で1位にランクイン。週間チャートも、アニメのキャラクター名義ではオリコンチャート史上初となる、初登場1位を獲得する。

パーソナリティ賞

小野坂 昌也 (おのさか まさや)

青二プロダクション所属

するどいセンスで繰り広げる快活なトーク、類を見ない語り口で、老若男女問わず幅広い層のリスナーが存在し、アニラジ界を牽引。長寿番組も多数あり、その中でも「集まれ昌鹿野編集部」や「A&GGAME MASTER GT-R」は、後輩とのテンポの良さや、時に出るぶっちゃけトークが人気を博している。

第2群 選考委員会にて顕彰される特別賞など

特別功労賞

高橋 和枝 (たかはし かずえ)

フリー

1950年代のラジオドラマ生放送時代、テレビ黎明期の吹き替えから活躍し日本声優業界の礎を築いた女優の一人。外画「ルーシー・ショー」ルシル・ボールの吹き替え、特撮「快獣ブースカ」ブースカの声と主題歌を担当、アニメ「サザエさん」磯野カツオ役(2代目)で知られ、多くのファンを魅了した。

功労賞

 

玄田 哲章 (げんだ てっしょう)

81プロデュース所属

独特の太い低音の声質でアニメ・吹き替え・特撮作品など幅広い分野で活躍している日本声優業界の大御所の一人。アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローンの吹き替えを担当、アニメ「トランスフォーマー」コンボイ役、「Dr.スランプ アラレちゃん」スッパマン役等を務める。

杉山 佳寿子 (すぎやま かずこ)

青二プロダクション所属

数々のアニメ・外画の吹き替えに出演している日本声優業界の大御所の一人。「アルプスの少女ハイジ」ハイジ役、「科学忍者隊ガッチャマン シリーズ」白鳥のジュン役、「Gu-Guガンモ」ガンモ役、「うる星やつら」テン役など。特に「アルプスの少女ハイジ」は近年でもCMに使用されるなど、注目を集めている。

田中 信夫 (たなか のぶお)

東京俳優生活協同組合所属

アニメ・吹き替え・特撮など多くの作品に出演し、テレビ草創期から活躍する日本声優界の大御所の一人。海外ドラマ・洋画吹き替えでは、バート・レイノルズ、ビック・モロー、グレッグ・モリスなどを持ち役とし、代表作には「コンバット!」のサンダース軍曹役や、アニメ作品では「科学忍者隊ガッチャマン」の総裁X役などを担当。

 

シナジー賞

機動戦士ガンダム(きどうせんしがんだむ)

古谷 徹 (ふるや とおる) / 青二プロダクション所属

池田 秀一 (いけだ しゅういち) / 東京俳優生活協同組合所属

日本ロボットアニメの象徴的作品として愛され続けている作品の一つ。放送開始から30周年を迎えた昨年、お台場での等身大ガンダム展示や記念イベントなどの話題を提供した。
※今回は、シリーズ第一弾のキャストに授賞しました。
(アムロ・レイ役:古谷徹、シャア・アズナブル役:池田秀一)

富山敬賞

水樹 奈々 (みずき なな)

シグマセブン所属

6月に発売したアルバム「ULTIMATE DIAMOND」が、オリコンの週間アルバムチャートで初登場1位を獲得、7月に西武ドームで行なわれた「NANA MIZUKI LIVE DIAMOND 2009」で3万人を動員、そして声優として初の紅白歌合戦の出場をした。2009年に注目を集めた声優。

海外ファン賞

斎賀 みつき (さいが みつき)

賢プロダクション所属

代表作でもある「今日からマ王!」のフォンビーレフェルト卿ヴォルフラムはどの国でも特に人気が高く、そのためにファンが本語版製品を求めるほど。「PEACE MAKER 鐵」では沖田総司役の芯の通った演技が評価され、日本の歴史を取り扱った作品にも関わらず国境を越え好評を博す。
※ マ王の「マ」は、マの字を○で囲む表記

キッズ・ファミリー賞

水田 わさび (みずた わさび)

賢プロダクション所属

子どもから大人まで、長きにわたり幅広い層に愛され続けるドラえもん。のび太の保護者でありながら、一緒に遊べる親しみやすさをもったかわいらしいキャラクターを、その特徴的な声質で見事に演じている。