ttl_win_01 ttl_awarding

功労賞、特別功労賞、シナジー賞については、実行委員会が長年の功績をもとに推薦した結果を選考委員会で承認する形で決定されました。その他の部門については各投票サイト・施設にて行われた一般投票での得票を各媒体ごとに集計し、その結果を元に最終選考へのノミネート者を決定いたしました。その後選考委員会による二次選考によって最終的な受賞者を決定しました。

・今回の声優アワードは第一回ということもあり、最終的な選考に大変苦労しました。
  その結果がサブキャラクター賞・新人賞の複数名受賞ということとなっております。
・外画とは 音声製作者連盟では、「外国映画」「海外ドラマ」「海外アニメーション」の総称を外画としています 。

第1群 一般投票により一次選出を行う部門

主演男優賞

福山 潤

ぷろだくしょんバオバブ所属
「コードギアス 反逆のルルーシュ」
「プリンセス・プリンセス」
「xxxHOLiC」など数多くの主役を好演し2006年を代表する声優となった。

主演女優賞

朴 王路美

※「王路」は王ヘンに路

円企画所属
「NANA」大崎ナナ役で、大活躍し、世の中にNANA旋風を巻き起こす。他に「うえきの法則」植木耕助と、男性の声も自在に演じ、2006年大活躍した。

サブキャラクター男優賞

石田 彰

マウスプロモーション所属
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」アスラン・ザラ、「BLOOD+」ジュエルほか作品の核と成るキャラクターを演じる。

サブキャラクター女優賞

小清水 亜美

八重垣事務所所属
「くじびきアンバランス」律子役や、「コードギアス 反逆のルルーシュ」
カレン役等で活躍。他に主演作品も多く、アニメシーンに欠かせぬ存在となった。 

宮田 幸季

81プロデュース所属
「吉永さん家のガーゴイル」吉永和己役では作品をしっかりと支えた。また東京アニメセンターRADIOのパーソナリティとして活躍中。

後藤 邑子

ぷろだくしょんバオバブ所属
現在までの着実な活動に加え「涼宮ハルヒの憂鬱」朝比奈みくる役で大ブレイク。他に「くじびきアンバランス」山田薫子など数々の好演が評価される。

新人男優賞

柿原 徹也

81プロデュース所属
「プリンセス・プリンセス」豊実琴役で存在感を示し、きらめく才能を見せた。今後の活躍が非常に期待される。

新人女優賞

鹿野 優以

青二プロダクション所属
「ひまわりっ!」にレギュラー出演。「すもももももも 地上最強のヨメ」九頭竜もも子役でヒロインに大抜擢され、注目の新人となった。

森田 成一

青二プロダクション所属
「BLEACH」黒崎 一護役など、女性ファンの心を捉えて離さないその声色とルックス、声優シーンの一翼を担う期待の一人。

平野 綾

スペースクラフト・エンタテインメント所属
「涼宮ハルヒの憂鬱」涼宮ハルヒ役で大ブレイク。他にも「NANA」レイラ役など、少女から大人の女性と幅広い演技を見せた。

歌唱賞

水樹 奈々

シグマ・セブン所属
2007年アーティストデビュー7周年を迎える彼女。声優という枠に納まらない天性の歌唱力にこの賞が贈られる。

パーソナリティ賞

浅野 真澄

アーツビジョン所属
「A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~」での、歯に衣着せぬマイペーストークに、リスナーが定着した。今後の言動にも要注意!

第2群 選考委員会にて顕彰される特別賞など

特別功労賞

富山 敬

享年56歳

「タイガーマスク」伊達直人役、「宇宙戦艦ヤマト」古代進役や外画では「レインマン」ダスティン・ホフマン、「スタスキー&ハッチ」ヒョロ松役、「ジェラシック・パーク」グラント博士役(サム・ニール)、「特攻野郎Aチーム」クレイジーモンキー役(ドワイト・シュルツ)など幅広い声の持ち主。

功労賞

 

大平 透

太平プロダクション代表

外画の吹き替えの創世記から活躍する大御所のひとり。「スーパーマン(アニメ・TV映画・劇場映画)」、「スパイ大作戦」、「スター・ウォーズ」におけるダース・ヴェイダーの吹き替え、「笑ゥせぇるすまん」喪黒福造役や、「ハクション大魔王」魔王役などで知られる。

池田 昌子

東京俳優生活協同組合所属

ラジオドラマで声優業を始め、外画ではオードリー・ヘプバーン、フェイ・ダナウェイ、メリル・ストリープの吹き替えや、アニメ「銀河鉄道999」メーテル役などを担当。テレビドラマなどでも活躍し、現在ではナレーションを中心に朗読会なども開催。

小原 乃梨子

ぷろだくしょんバオバブ所属

外画はブリジット・バルドー、シャーリー・マクレーン、ジェーン・フォンダ、ミレーヌ・ドモンジョなどを持ち役としている。「ドラえもん(テレビ朝日版)」の野比のび太をはじめ、「未来少年コナン」のコナン、「アルプスの少女ハイジ」のペーター等、少年役を得意とする代表的な声優のひとりとして活躍。

向井 真理子

81プロデュース所属

外画におけるマリリン・モンローの日本での吹き替えは、ほぼ専属で担当している。また「Dr.スランプ アラレちゃん」では、モンローをモデルにしたキャラクター・山吹みどりを担当している。「あさりちゃん」濱野さんご、「ドラゴンボール」ブルマの母、「つるピカハゲ丸くん」ハゲ田つる子など、母親を演じる機会が多い。

シナジー賞

ポケットモンスター

1997年4月に放送開始された「ポケットモンスター」のアニメーションは、今年10周年を迎えます。映画における過去9作品の累計興行成績は414億円という驚異的な数字を記録。また国外でも高い評価を受け、テレビシリーズは68カ国+2地域で放送されています。(06年5月現在)。日本のアニメーション史を変えるきっかけとなったこの作品、そして支え続けてきた声優陣に、第一回のシナジー賞を贈ります。